世界に一つだけの花

新学期が始まり、子供たちはまた新しい友達ができたり、美味しい給食が楽しみと張り切って学校に行っています。先日担任の先生から、興味深い学級通信が届きました。道徳の授業での一コマです。ご存知の方も多い歌〝世界に一つだけの花〟をテーマに、「この歌詞の中で一番素敵だなと思う一文はどこですか?」という内容です。♪花屋の店先に並んだいろんな花を見ていたひとそれぞれ好みはあるけどどれもみんなきれいだねこの中で誰...

雪国の春景色

子供たちの春休みが終わり、実家から帰ってくる道中に面白い雪景色に出会いました。一面に広がる田んぼにショベルカーが入って、せっせと雪かきをしています。雪をかいては下ろし、またかいては隣に下ろし。。。たくさんの雪のかたまりがあって、ちょっと不思議で可愛らしい景色が目に飛び込んできました。「なんのために?」と疑問に思いネットで調べてみました。豪雪地帯では少しでも雪解けを早めるためにショベルカーで掘り起こ...

松林の公園 【自然の中で遊ぶ】

松林の公園には子供たちが遊べる遊具やアスレチックもありました。帰省するといつも遊ぶ仲のいい友達も誘って行きました (^-^)(゚∀゚)(^∇^)(^o^)都会では味わえない木に囲まれた公園は、さっそく子供たちの好奇心を掻き立てます。登ったり、走ったり、飛んだり、隠れたり、見ているだけのこちらが疲れるくらい、休憩なしで遊んでいました。「どれにしようかな~!」飲み物選びも大騒ぎ (≧∀≦)ノ薄暗くなり、寒さを感じてくるくらいまで...

松林の公園 【光と影vol2】

スポットを浴びた松ぼっくり。たくさん落ちていた松ぼっくりも日に照らされると、主役の存在感に。長い影でできたボーダーライン。遊歩道や広場の大きなキャンバスに描かれた芸術的曲線美。てっぺんに吸い込まれそうな高い赤松の木。太陽の光がキラキラ差し込んで、上を見上げながら歩くのが気持ちいい。黒と緑の世界。逆光となって松が真っ黒に、日に照らされている草むらが緑色に輝いて幻想的な世界に見えた。光と影の美しい演出...

松林の公園 【光と影vol1】

小さい頃から松林は私にとって身近な場所でした。よく自転車におままごとセッと人形をつけて、遊びにいっていました。小さいながら、林の松の匂いとひんやり涼しい空気としーんと静かなその場所は、なんだが妙に落ち着ける私だけの世界でした。大きくなるともうすっかり行かなくなりました。それより友達と華やかで賑やかな所に出かける方が面白くなりました。実家に住んでいる時は、生まれ育った地のすばらしさなんて実感していま...