湘南ウォーキング

真夏日を記録したある休日に、子供と主人は海に入り、私は江ノ島近辺をウォーキングしました。日々のウォーキングは日課となり、せっかく海にきたのだから海岸線を歩いたら気持ちいいだろうなと思ったんです。私のこだわりなのですが、街散策で歩くのとウォーキングは別と思っています!!!ほんとに細かいのですが、カメラを持つか持たないか。持ってしまうと、良い景色や被写体を探しながら歩き、見つけると撮影するのに歩くのが...

松林の公園 【光と影vol2】

スポットを浴びた松ぼっくり。たくさん落ちていた松ぼっくりも日に照らされると、主役の存在感に。長い影でできたボーダーライン。遊歩道や広場の大きなキャンバスに描かれた芸術的曲線美。てっぺんに吸い込まれそうな高い赤松の木。太陽の光がキラキラ差し込んで、上を見上げながら歩くのが気持ちいい。黒と緑の世界。逆光となって松が真っ黒に、日に照らされている草むらが緑色に輝いて幻想的な世界に見えた。光と影の美しい演出...

松林の公園 【光と影vol1】

小さい頃から松林は私にとって身近な場所でした。よく自転車におままごとセッと人形をつけて、遊びにいっていました。小さいながら、林の松の匂いとひんやり涼しい空気としーんと静かなその場所は、なんだが妙に落ち着ける私だけの世界でした。大きくなるともうすっかり行かなくなりました。それより友達と華やかで賑やかな所に出かける方が面白くなりました。実家に住んでいる時は、生まれ育った地のすばらしさなんて実感していま...

梅の里

春を感じる梅の便りを探しにいった。梅の里に降り立つと、ふわ~っと香る梅に包まれた。お地蔵さんも川の土手も家も人も、春に包まれている。ぽかぽか暖かいお日様に包まれている。  吹く風がもう冷たくなくなり、寒かった冬とのお別れを感じた。梅の里はもうすっかり春色に包まれていた。...

帰路の車窓

今日は雪国からの帰りの道のりを紹介します!今年は雪がたくさん降ったので、車窓の変化が面白かったんです。ある地点の約72km間の道のりが一番変化にとんでいて、一時間半ほどでこんなにまで景色が違うものなのかなぁ、と自然の不思議さに驚くばかりでした (*゚Q゚*)雪国あるあるのどんより鉛色の空。外は吹雪で遠くの景色も霞んで見え、高速道路にも雪が積もり、除雪が間に合っていない状況を進んでいました。しばらく進むと雪深...