やわらかな光の洋館  ~横浜西洋館めぐり「べーリック・ホール」~

横浜西洋館めぐりの中で美しい印象だったのが「べーリック・ホール」でした。
冬の柔らかな日が差し込む午前中の訪問は、思いがけずのドラマチックな雰囲気を楽しめました。

べーリックホール1

前回紹介したブラフ18番館は可愛らしい雰囲気でしたが、このべーリックホールはぐっと大人っぽい雰囲気で、色合いやインテリアもシックな洋館でした。

べーリックホール8  べーリックホール11

クラシックなレースや生地などもこの部屋の雰囲気にぴったりで、日が差し込むととても美しい演出になります。
タイルや窓の作りも個性的で、今の時代にも通用するお洒落さに心がときめきました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

べーリックホール4

冬の日差しが優しい雰囲気を醸し出して、その空間にいると心も癒されます (*’U`*)

べーリックホール5



べーリックホール6  べーリックホール7

この洋館はイギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、昭和5年に設計されたそうです。
横浜西洋館には主に7つの代表的な洋館めぐりができるのですが、イギリス、スイス、アメリカ、オーストラリア出身の方々が住まわれていたそうで、それぞれ趣の違う雰囲気が楽しめます。

べーリックホール12

スポンサーサイト

2 Comments

harmony  

こんばんは☆

昭和5年に建てられた物が美しく保存されていますね。
昭和初期とはいえ、とてもオシャレで素敵な雰囲気!
異国情緒もあって素晴らしい所ですね^^♪

2018/02/14 (Wed) 20:25 | REPLY |   

mee  

harmonyさん、こんにちは。

コメント、ありがとうございます!
そして一周年のお祝いメッセージも嬉しかったです^^♪

洋館めぐりと言ったら神戸の異人館が初めてでした。
でも若い時とまた歳を重ねた今とではちょっと違う感じ方ができて面白いですね。
青森の弘前にもいくつかの洋館や教会が観光名所になっていますよね。
harmonyさんは行かれましたか?^^
とても素敵な洋館めぐりが楽しめそうですね。

2018/02/16 (Fri) 11:59 | REPLY |   

Post a comment