がんの再発率

昨日は病院の診察日でした。
卵巣がんの告知をされ、手術、抗がん剤治療を経て早半年になります。
手術の傷口はすっかりふさがり、抗がん剤の副作用はなくなって、回復しているところもあれば、逆に症状が出てきた痛みもあります。
更年期症状の関節痛はホルモン補充療法の薬を使用していますが、なかなか改善されないので、今回新たに痛み止めの薬を処方してもらいました。
これで痛みが和らぐかどうか。。。期待したいところです。

私は幸い初期にがんが見つかり、すぐ手術してがんを取り除けたのですが、決して「これで終わった!」と楽観視はしていませんでした。
なぜなら私のがんは厄介な“明細胞”だったので。
先生から「この細胞は今は目に見えないくらい小さいけど、集まって大きくなると抗がん剤が効きにくい細胞になるの。
なので小さいうちに抗がん剤治療をすすめてるんだけど、やったからといって必ずなくなるとも言えず。。。」と説明されたので、心の奥で「がん細胞が無くならなかったら?」「再発してしまったら?」という気持ちはずっとありました。

今回の受診で先生に思い切って再発率を聞いてきました。
私は初期の1a期だったので、明細胞の人だけの確率で言うと“2割”で、2~3年後に再発する人が多いそうです。
聞いた直後“2割”という数字は正直ホッとしました。

でもこの先、どうなるかわかりません。
2割でも再発する人がいるのも事実です。
その2割に自分がなるかもしれない。。。

再発率が低かったら安心できると思っていた自分。
知りたかった再発率だったけど、知ったから生き方が変わるわけではありませんでした。
こういうことが「がんになった」ことを背負う人生なんだと実感しました。

再発率はあってないようなもの。
再発するかしないかは私の運命です。
大切なことは、そうなった時でも穏やかで充実した日々を送っているかどうか。
今できることは、一つでも多くワクワクやドキドキすることを見つけること。
だと思うようになりました(*’U`*)

スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/12 (Fri) 13:20 | REPLY |   

mee  

5/12の非公開コメント(13:20)さまへ

コメントありがとうございます!
痛み止めの薬を飲んでからほんの少し関節痛が和らいだような気がします。
ゆっくりでも回復してくれたら嬉しいのですが。
楽しいことを探しながら焦らずに過ごそうと思います♪

2017/05/13 (Sat) 14:29 | REPLY |   

Post a comment